長い冬を過ごす為のカリン茶作りです。カリンは、とてもかたくて切りにくい為、最初はナムリの切り方をご紹介します。

1.カリンをよく洗ってから、中間に刃物を刺し込んでクルット回せば二切れになります。常にカリンを支える手は刃物反対方向になければなりません。

2.また中間をゆっくり刺して切ります。

3.半分が切られたら、ひっくり返して,残り半分をまた切ります。

4.この時、種を取り抜いて下さい。

5.続いて上のように半々ずつ切るならば、全て32回になります。

6.さらに三等分して置きます。

7.容器に、カリン1+砂糖1+カリン1+砂糖1こういう順に入れて最後に砂糖で終えます。白砂糖よりは、黒砂糖を使うのがからだに良いです。黒砂糖がないのでそのまま白砂糖で..

8.きれいなカリン水ができれば、カリン切れのいくつかを水に沸かしてカリン水を注いで飲めばOKです。

9.寒い冬には、甘酸っぱいかぐわしいカリン茶を飲んでみましょう。

TIP

カリンには、サポニン・リンゴ酸・酒石酸・ビタミンC・フラボノイド・タンニンなどが含まれています。
またカルシウム・鉄分などの無機質が豊富なアルカリ性の食品です。

カリンの酸味は、主にリンゴ酸をはじめとする有機酸です。
特にあまり熟さなかった実は薬剤に多く入ります。

カリンがもっと成熟するとしょっぱい味の含有量が減りますが、甘い成分の糖は多くなるそうです。

有機酸は、
人体内で新陳代謝を助けて、消化酵素の分泌を促進させる作用をしながら、
唾、胆汁、膵臓汁などの分泌を促進して食欲も高めてくれます。

また腐敗を防ぐ作用をすると言われます。カリン茶を沸かす時に一つ注意点としては、金属性器を使わないで下さい。