あさりのデンジャンチゲの美味しい作り方

あさりのデンジャンチゲの美味しい作り方

あさりのデンジャンチゲは、濃厚で旨味が凝縮されたスープと、新鮮なあさりの風味が絶妙に調和した美味しい一品です。デンジャン(味噌)のコクと深い味わいが特徴であり、具材の野菜やあさりの食感も楽しめます。煮立ったスープが舌を包み込み、あさりの旨味が広がります。温かいご飯との相性も抜群で、心も体も温まる一杯です。このチゲは、韓国料理の魅力を存分に味わえる逸品です。

あさりのデンジャンチゲの主な材料は、あさり、白ネギ、にんにく、玉ねぎ、じゃがいも、もやし、デンジャン(味噌)です。これらの素材が絶妙に組み合わさり、濃厚なスープと具材の美味しさが融合します。

まず、あさりを洗って砂を取り除きます。白ネギは斜めに薄く切り、にんにくはみじん切りにします。玉ねぎとじゃがいもは一口サイズに切り、もやしは根元を切り落とします。

鍋に少量の油を熱し、にんにくと白ネギを炒めます。香りが広がったら、玉ねぎとじゃがいもを加えてさらに炒めます。野菜がしんなりするまで炒めたら、デンジャンを加えて混ぜ合わせます。

次に、水を加えて煮立てます。煮立ったらあさりを加え、強火で約5分間煮ます。あさりが開いて旨味を出し、スープにコクを与えます。

最後にもやしを加え、さらに2〜3分間煮込みます。もやしはシャキシャキとした食感を楽しむために、程よく火を通すのがポイントです。

あさりのデンジャンチゲは、濃厚な味わいとさっぱりとした後味が特徴です。デンジャンの風味がスープ全体に広がり、あさりの旨味がプラスされます。具材の野菜やあさりの食感も楽しく、一緒に食べるご飯との相性も抜群です。

このチゲは、冬の寒い日にぴったりの温かい一品ですが、一年中楽しむことができます。家庭料理としても、おもてなしの一品としても活躍します。

あさりのデンジャンチゲは、その濃厚な味わいとコクのあるスープが、食欲をそそります。

最近、朝晩冷えてきました。今日はアサリでデンジャン(味噌)チゲを作って食べました。

一回買出しした材料を使いまわして食べきる!
生存のためには、せっかく買った食材を捨てたら駄目ですね。


あさりのデンジャンチゲの美味しい作り方


まず材料から.. カルグクス(温麺)を作って残ったアサリ。
ズッキーニも同じく残りもの。
たまねぎ、豆腐、辛口青唐辛子、 赤唐辛子、みそ、 コチュジャン少々。


あさりのデンジャンチゲの美味しい作り方


1.材料が揃ったら、ダシダ(1)と、味噌とコチュジャンを溶かしいれます。


あさりのデンジャンチゲの美味しい作り方


2.煮立ってきたら、ズッキーニ、あさり、玉ねぎ、赤唐辛子、辛口青唐辛子、豆腐の順に入れます。


あさりのデンジャンチゲの美味しい作り方


3.あさりのデンジャンチゲの完成。
(トゥッペキ(土鍋)があったらもっと美味しそうに見えるのに・・・)


今日のチゲはコチュジャンを入れすぎて、 赤くなってしまいました。味噌チゲには、辛口青唐辛子を入れた方がやっぱり美味しいです。予算があったら、牛肉をチゲに入れるのもオススメです。

おすすめ商品