【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

カンデンジャンチゲ

高品格カンデンジャン(味噌チゲ)の美味しさを楽しむ

「カンデンジャンチゲ」は、豊かな味わいと深いコクが魅力の一品です。辛みと旨味が絶妙に調和し、豆腐や野菜と一緒に煮込まれたスープは心温まる美味しさ。食べるたびに舌に広がる旨味と香りは、心地よい満足感をもたらします。冷えた日や心温まる食事を求めるときに最適で、家族や友人と楽しむひとときに彩りを添えることでしょう。カンデンジャンチゲの一口は、韓国の味覚と文化を感じさせ、食卓に幸福な雰囲気を演出します。

高品格カンデンジャン(味噌チゲ)の味を一度経験したら足元にも及ばないでしょう。かぼちゃの葉の上に、麦飯をのせて、カンデンジャンに浸けて食べる味といったら!

カンデンジャン(味噌チゲ)の作り方

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

1.米のとぎ汁(2カップ)に干しいたけ、煮干し、昆布を入れて、30分浸けておきます。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

2.浸けておいたシイタケ(1/2掴み)、牛肉(1/2掴み)に、濃い口醤油(1)、蜂蜜(1)、砂糖(0.5)、おろしにんにく(0.5)、ショウガ粉(0.3)、ごま油(1)、こしょう、ごまを入れて、良く和えておきます。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

3.1の鍋(しいたけを取り出した状態)を火にかけます。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

4.トゥッペギ(土鍋)に②を入れて火にかけます。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

5.味噌(3)、コチュジャン(1)を入れて、③を注いで、弱火にかけます。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

6.玉ねぎ、長ねぎ、辛口唐辛子、赤唐辛子、豆腐の順にいれて出来上がり。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

7.カンデンジャンチゲの完成。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

麦飯に一口乗せて。。。

【人気の韓国レシピ】カンデンジャンチゲ

最近、かぼちゃの葉をあっちこっちで見かけます。さっと茹でて、冷水であらってカンデンジャンをつけて食べたら…(後はご想像におまかせします。)

Tip)カンデンジャンは、肉やきのこ野菜などをひたひたの出汁で濃い目に味付けたデンジャンチゲ(味噌チゲ)のこと。 しょっぱいだけでなく、具材の旨みと甘みがスープに溶けて色々な味わいが一つになったチゲです。 そのままチゲとしてというよりは、ご紹介したように、ご飯に混ぜて食べたりと、おかずのような感覚で食されます。 また、ここで出てくるかぼちゃの葉は、ズッキーニに良く似た朝鮮かぼちゃの葉。韓国では夏になると、唐辛子だけでなくあちこちでかぼちゃを植えているのを見かけることができます。 茎の部分の筋ははがしてとって、塩水でさっと茹で、水気をぎゅっと絞って包みご飯にサンチュなどと一緒に使われます。 ほんのり苦味のある味わいは、カンデンジャンとの相性も抜群です。



レシピ関連アイテム

テンジャン

おすすめ商品